PC新調 - Intel COREi5

Bluebackscreen_videocardfailed
友人からもらって使っていたPentium4 3.2GHzの自作PCが
不安定になってしまったので思い切って新しく自作PCを組み立てました。

Intel COREi5と周辺装置

PCケース - MIDGARD
すべてツクモ札幌店にて購入。(2009年9月16日)

CPU - Intel COREi5 2.66GHz  \20,490
M/B - GIGABYTE P55-UD3R \14,980 (2点セット特価)
MEM - Elixir DDR3 1GBx2       \3,480
VIDEO - Sapphire Radeon HD 4350 \3,480
PCケース - MIDGARD \11,000
合計  \53,430

電源は古い450Wのものを流用。ドライブ類もそのまま流用。

PC内部
配線取り回しはめちゃくちゃです。
最近は電源が下にあるケースが多いみたいですね。
純正CPUクーラーがPen4のものと比べるとはるかに静かでした。
メッシュ部分やファン用穴が多いケースなので
排気ファン部分を除く穴全部に換気扇用フィルターを貼り付けました。
PCIボードを押さえるプラスチックの部品が弱くて

店で一番安かった3,480円のグラボはDirectX10対応、HDMI端子付き、ファンレスで
ゲームしない人には充分です。
ヒートシンクに温度センサーを付けてみると45度から55度の間でした。

オーバークロックモードはまだよく理解してません。
CPUの温度次第で4つのコアが独立して自動的にオーバークロックする機能があるらしいけど、
エンコードする時はマザーボード付属のソフトで4コア全部3.2GHzにしてます。

<ベンチマーク>
superpi104m.jpg
SUPERPI 104万桁は定格2.66GHzで13秒、3.2GHzで12秒でした。
ちなみにPentium4 3.2GHzは46秒でした。

HDBENCH。3Dの性能は低いです。
HDBENCH.jpg
午後のこ~だノーマルベンチは375倍。3.2GHzでは431倍。
GOGONORMAL.jpg
総合ベンチは最大652倍。3.2GHzで753倍。
GOGOSOGO.jpg

2013年2月23日追記:
OSをWIndows7に変えたついでに他のベンチマークもやってみました。
CPUは定格2.66GHz(TB2.9GHz?)から、3.57GHzにオーバークロックしてます。

SnapCrab__2013-2-22_No-00.png
windows7 64bit Home Premium (Intel 330 180GB)でのwindowsエクスペリエンスインデックス。

SnapCrab_Fritz Chess Benchmark_2013-2-20_No-00.png

Fritz Chess Benchmark 
Relative speed: 21.53
Kilo nodes per second: 10334

SnapCrab_wPrime Benchmark v209_2013-2-20_No-00.png
wPrime

32M 10.344 sec
1024M 325.147 sec

SnapCrab_CINEBENCH R115 (64 Bit)_2013-2-20_No-00b.png
CINEBENCH R11.5
OpenGL 8.02 fps
CPU 4.76 pts

SnapCrab_CrystalMark 2004R3 [09126452] _2013-2-20_No-00.png
Crystalmark2004R3
234003 pts

SnapCrab_C - WinRAR_2013-2-20_No-00.png
WinRAR ベンチマーク 1,942 KB/s

SnapCrab_PerformanceTest 80 Evaluation Version_2013-2-20_No-00.png
Performanctest 8.0  1196 pts

FINAL FANTASY_2013-2-22_No-00.png
FF14 ワールド編 ベンチマーク 標準品質: 1109

SnapCrab_NoName_2013-2-20_No-01.jpg
aviutl H.264 1980x1080 品質基準VBR 速度medium 動画10分エンコード     22.88 fps