電線がどれくらい電力を消費しているのか調べてみました。電線の消費電力は電流×電流×抵抗で計算出来るそうです。

VVF 2芯2.0mmの抵抗値を見ると 5.65Ω/kmとなっています。1mにすると0.00565オーム。この数値はメーカーに確認したところ、1芯だけの数値だそうです。VVF2芯を回路として使うと往復で2倍の距離になるので抵抗値も2倍になります。

電気ケトルを使った時の電流を10Aとします。分電盤までVVF2-2.0mmで約7m。往復14mなので10A×10A×14m×0.00565Ω=7.9W

分電盤から電気メーターまではVVF2.6mmを使っています。約10m、往復20mなので10A×10A×20m×0.00335Ω=6.7W

合わせて14.6Wが電線の消費電力になります。

もし電気ケトルを200Vにして電流が半分の5Aになったと仮定したら電線の消費電力はたったの3.7Wになります。大電流を使うと電線の消費電力は無視できないくらい大きいので、200V対応の家電がもっと普及して欲しいです。