手持ちのUSB延長ケーブルの抵抗を測定してみました。今回も素人によるいい加減な測定なのであくまで目安です。

電圧の測定にはAVHZy CT-2とCentury CT-USB-PWを使用。

無負荷でCT-USB-PWは0.01V程度大きめに表示されているのでその分差し引きます。電圧の小数点第三位以下は切り捨てです。

USB延長コードを使わず2台のテスターのみで2Aの負荷をかけると約0.2V降下しました。テスター内部とコネクターの接触抵抗が約100mΩあるようです。実際に延長ケーブルを使う時もコネクタの接触抵抗は発生するので差し引きしないで含めておきます。

ダイソー USB延長コードリールタイプ 0.7m

0.99V降下 495mΩ

USBヒートパッド付属 1.5m

0.79V降下 395mΩ

エレコム USB3.0延長ケーブル 1.0m

0.88V降下 440mΩ
端子が金メッキでケーブルも太いわりに電圧降下が大きいです。USB3.0で配線の本数が多い分細いのかな。

メーカー不明 フレキシブル 0.18m

0.30V降下 150mΩ

磁石付き延長ケーブル 2.0m

0.50V降下 250mΩ
2mのわりに健闘。

BUFFALO USB2.0スリム延長ケーブル 0.5m

0.70‬V降下 350mΩ
細いケーブルなので当然の事ながら抵抗が大きいです。

長さ (m)電圧降下 (V)ケーブル抵抗 (mΩ)
ダイソー リール0.70.99495
USBヒートパッド付属1.50.79395
エレコム USB3.01.00.88440
メーカー不明 フレキシブル0.180.30150
メーカー不明 磁石付き2.00.50250
BUFFALO スリムケーブル0.50.70350

まとめ

USB延長ケーブルはどれも電圧降下が大きめです。充電には向いていない事がわかりました。