トイレドアレバー交換

DIY

トイレドアレバーの塗装が剥がれて汚いので新品に交換する事にしました。

我が家は築30年近くになるんですが、同じものが今でも売っていました。川口技研のホームレバー HL-4Cです。
ドアレバーには右吊り用と左吊り用があって、一般的には右吊りだそうです。トイレの外から見て右側が吊ってあるので右吊り用を購入。
今まで付いていたものはなぜか錠が上向きに取り付けられていて、取っ手の向きが逆になっています。もしかして左吊り用のを上下逆にして付けていたんですかね。

取っ手はリングで固定されているので、リングを外して向きを変えました。

同じ向きになりました。

ラッチの銘板の幅がなぜかわずかに大きかったのでカッターナイフでドア側を少し削りました。

付きました。レバーのばねが少し重くなりました。古いのはバネが弱ってたんですね。

トイレドアのラッチは空錠のものと同じ形だったので、ラッチが壊れてレバーを上にあげないと開かなかった別のドアに取り付けました。が、トイレのラッチも壊れていてレバーを普通に下に降ろすと開くんですが上に上げてもドアが開きません。下に下げても開かないよりはマシなのでそのまま使います。

タイトルとURLをコピーしました