Category: 電気代

ほくでんからLooopでんきへ乗り換え

ほくでんからLooopでんきに乗り換えた顛末を記事にします。

電力自由化になってもどうせほとんどメリットはないと思っていましたが、Looopでんきがお得という話をネットで見てよく調べてみると本当にお得で早速乗り換えてみました。加入者が増えたら値上げの恐れもあるかもしれませんが、規約を読むと解約手数料はかからないそうなので安心して使っています。

契約前

基本料がないのでアンペア容量を上げても電気代は変わらないので、契約する前にアンペア容量を30Aから50Aに上げました。(60Aでも良かったですね、失敗しました)

新電力会社と契約すると自動的にスマートメーターになるので、アンペアブレーカーが取り外されるならわざわざアンペア変更をする必要は無かったんですが、取り外されない場合もあるとLooopでんきのQ&Aに書かれていたので念のためにやっておきました。結果的に取り外されなかったので、やっておいて良かったです。

Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみですが、契約者とクレジットカードの名義が違っていても問題ないそうです。

契約から接続供給開始

2017年6月12日にWebページにて契約。契約時に現在使用している電力会社との契約内容の記入が必要です。すべて検針票に記載されていますが、毎回すぐ捨てていて見つからなかったので、ほくでんに相談すると郵送で送ってくれました。

  • 契約種別 従量電灯B
  • 契約電流 50A
  • お客様番号 ***
  • 供給地点特定番号 ***

2017年6月14日 接続供給開始のご案内のメールがきました。7月7日に決定。

2017年6月19日 スマートメーターに交換。停電にはならなかったです。やはりアンペアブレーカーは取り外してもらえず、ほくでんに電話で確認しましたが、すでに新電力と契約済みなので、新電力会社に相談して欲しいとの事でした。

2017年7月7日 接続供給開始。当たり前ですが特に何も変わっていません。電気使用量はすぐネットで見れると思っていたんですがデータがありませんと出て見られず。

2017年7月8日 前日の30分ごと0.1kWh単位の電気使用量グラフが更新されていました。過去一週間と過去一か月のグラフも見ることができます。

一つ気になるのが、申込時に契約電流を50Aと記入したのに30Aに修正されていました。ほくでん側からLooopでんきに渡った情報が古いままだったんでしょうね。恐らく特に問題はないと考えています。

Looopでんきグラフ

不満な点

  • 0.1kWh単位ではなく、1Wh単位で見たい。
  • 翌日更新ではなくリアルタイムで表示させたい。

Bルートの申し込みをして、Wi-SUN受信機を設置すればリアルタイムで見れるようですがIIJのSA-M0で19,000円、ちょっとお高い。分電盤の配線にクランプメーターを取り付けるタイプもありますが、せっかくスマートメーターなのでそのうち活用してみようと思ってます。

疑問点

  • 頼めばアンペアブレーカーを取り外してくれるのか?
  • スマートメーター内のブレーカーが落ちた場合の自動復帰、手動復帰の詳細

アンペアブレーカーの取り外しは現状50Aで十分なので必要ないと思ってますが気になります。アンペアブレーカーが分電盤に付いているのでスマートメーター内のブレーカーは作動しないと思いますがどうなんでしょう。念のため調べておきたいです。

ほくでんWeb料金お知らせサービス

ほくでんWeb料金お知らせサービスに登録してみました。過去2年間の電気使用量を見る事が出来て便利です。

検針票はポストに入れてもらえなくなりますが、同じ情報がネットで見られるようになります。