Month: 12月 2016

auをやめてFREETELにMNP

両親の携帯はすでにFREETELにMNPしていて特に問題が無かったので、自分もMNPしてみました。
SIMフリーかドコモの端末を自分で用意する必要があって、通話料が20円/30秒かかりますが、それでも端末代を含めて26か月間で比較すると10万円近く安くなりそうです。

 

au過去26ヵ月間(2014年10月~2016年11月)の料金

端末代 iPhone5s 32GB  50,760円 (クーポン使用)
通話通信料金     114,547円  (データ定額2 auスマートバリュー適用)

合計165,307円

 

FREETEL 今後26ヵ月間(2016年11月~2018年12月)の予想料金

端末代Zenfone3 SIMフリー台湾モデル 26,000円

通信料金      39,000円  (毎月1~3GB程度)
通話料金      5,200円 (毎月200円程度)

合計70,200円

Panasonic 充電式エボルタ単3型8本

メーカー:パナソニック
商品名:充電式EVOLTA スタンダードモデル 単3型8本入
型番:BK-3MLE/8B
購入店:Amazon
購入日:2016-12-5
価格:1,797円

充電器によるとは思いますが、実測容量は2300mAh前後。満充電時の電圧は1.48V。

2017年4月5日追記:
ヘッドライトに使っていた3本のうちの1本がもう駄目になってしまいました。ほかの2本は1.25Vなのに1本だけ0Vで回復不能でした。初期不良だったのかな。

単三単四充電器NT1000

メーカー:PSPOWER (中国メーカーのOEM?)
商品名:スマートチャージャー
型番:PA-NT1000
購入店:Amazon
購入日:2016-11-28
価格:3,980円

放電・リフレッシュ機能付きの高性能な充電器を使ってみたかったので購入。期待通りでした。

数十回使った充電池の容量は最低容量の1,950mAhを下回っていました。
新品は2300mAh前後のようです。

Adobe Reader インクトナーを節約の検証

Adobe Readerの印刷設定画面にインク/トナーを節約の項目があります。最大15%インクを節約出来るとのことですが、実際にどれくらい節約出来るのか確認してみました。

印刷するのはクリックポストの送り状部分、モノクロ印刷にしています。

1)インク/トナー節約モード

PGBK 37.88g -> 37.83g = 0.05g
BK 19.17g -> 19.16g = 0.01g
GY 15.42g -> 15.36g = 0.06g

2)通常モード (印刷前に一度電源を落とし、もう一度インク重量を測定)

PGBK 37.81g -> 37.79g = 0.02g
BK 19.14g -> 19.14g = 0g
GY 15.36g -> 15.35g = 0.01g

なぜか通常モードの方がインク使用量が少ない結果に。目視では節約モードの方が若干色が薄く見えるんですが。もう少し検証を続けてみます。タンクの脱着の時にインクがプリントヘッドに流れるなど正確に測定出来ない原因があるのかも。

象印 IH炊飯ジャー NP-YA10-TA

メーカー:象印マホービン
商品名:圧力IH炊飯ジャー
型番:NP-YA10-TA
購入店:ひかりTVショッピング
購入日:2016-12-13
価格:27,980円(メルマガ読者限定クーポン4500pt + ポイント50倍5580pt + ポイントたま~るキャンペーン4000pt = 14,080pt)
実質価格13,900円

今まで使っていた炊飯器の内釜が劣化してきたので買い替え。ポイントのおかげでお得に購入出来ました。

新旧比較。少し大きくなりました。

内釜の重さは791g。少し肉厚になって古いものより160g重い。

文字が少し大きくなって老眼でも見やすくなった。

ごはんの味は特に変わらない気がします。

2016年12月30日追記:

やっぱり炊き上がりが前の炊飯器とは違うかも。
我が家では北海道産ななつぼしをいつも食べているんですが、前よりもちもち感が増えました。
設定をもちもちにすると米粒同士がくっつきすぎてちょっと食べにくいほどです。
ななつぼしは他の北海道産ゆめぴりかやおぼろづきより、もちもちしていなくてあっさりしている所が好きなんで、最近は設定をしゃっきりにしています。

Core i7-6700K ベンチマーク

4.6GHz、4.7GHzで常用出来るという情報を見かけますが、私の環境では4.4GHzが安定動作の限界でした。

CPU4.4GHz メモリ3000MHz GTX1060 6GBでのベンチマーク結果

ss2016-11-23_11-26-36

ss2016-11-23_10-41-45

ss2016-11-23_10-56-53

ss2016-11-23_15-3-44

ss2016-11-22_14-47-32

4.6GHzではCINEBENCHが1000の大台に乗りましたが
Intel Extreme Utilityが途中で止まってしまいました。
ss2016-11-23_15-11-25

ss2016-11-23_10-12-21

2017年4月13日追記:
V-Ray Benchmark

定格4.08GHz MEM:2666MHz

OC 4.6GHz MEM:3000MHz
GTX1060 1911 -> 2101MHz MEM:4007 -> 4404MHz

V-Ray Benchmark

2017年6月4日追記:

HWBOT x265 Benchmark V2.0.0

定格4.0GHz

1080p 31.34 FPS

4K 7.49 FPS

2017年7月12日追記

x264 FHD Benchmark v1.0.1   30.67 fps
x264benchmark

POV benchmark v3.7  1973.65 PPS  (Single CPU 439.44 PPS)
POV benchmark

 

2018年2月2日追記:

FF15ウィンドウズエディションベンチマーク

スコア:4611
評価:やや快適

ZOTAC GTX1060 6GB AMP EDITION

img20161120120151_c

メーカー:ZOTAC
品名:GEFORCE GTX 1060 グラフィックスボード
品番:ZTGTX1060-GD5AMP/ZT-P10600B-10M
購入店:ツクモネットショップ
購入日:2016年11月17日
価格:30,580円

1万円以上するビデオカードを買ったのは自作歴14年間で初めてです。
最近オンラインゲームを時々やるので思い切って高性能品を購入。

img20161120120157_cimg20161120120344_cimg20161120213242_c

ss2016-11-20_21-33-6

室温20度でMAX74度。

ss2016-11-20_20-7-59

ss2016-11-20_20-28-35

ss2016-11-20_21-9-14

ss2016-11-20_21-21-15

ss2016-11-24_0-38-3

ss2016-11-24_0-9-53

ss2016-11-22_11-31-13

ss2016-12-2_15-57-3

2017-05-19追記:

FF14 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク
計測日時:2017/05/19 21:06:26
SCORE:12461
平均フレームレート:83.536
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
ローディングタイム:
シーン#1 1.886sec
シーン#2 2.559sec
シーン#3 2.079sec
シーン#4 2.903sec
シーン#5 5.126sec
シーン#6 1.274sec
合  計 15.829sec

システム環境:
Windows 10 Home 64 ビット (6.2, ビルド 9200) (15063.rs2_release.170317-1834)
Intel(R) Core(TM) i7-6700K CPU @ 4.00GHz
16324.379MB
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB (VRAM 6084 MB)

2017年5月20日追記:

Unigine Valley Benchmark 1.0
Preset: 1920×1080 Extreme HD
FPS: 67.2
Score: 2811

Unigine Superposition Benchmark 1.0

AVE. FPS SCORE
1080P EXTREME 17.26 2307
1080P HIGH 47.19 6309
1080P MEDIUM 66.16 8844
720P LOW 183.43 24524
VR MAXIMUM 70.27 6246
VR FUTURE 22.9 2036
VR OPTIMUM 129.98 10000
VR MINIMUM 198.99 10000

Core i7-6700K 自作PC購入組み立て

img20161120120128_c

Core i5-750以来、7年ぶりに自作PCを組み立てました。スペックは下記の表です。いつもは5万円程度で抑えるのに、今回はかなり奮発してます

ss2016-12-2_21-47-34

価格は2016年11月17日時点のものです。

 

満足してはいるんですが、ケースとCPUクーラー選びは失敗した気がします。
p_20161202_161225_c

ケースの3.5インチベイとCPUクーラーの間が狭く、HDDを入れられません。
マザーボードの電源ソケットも邪魔臭い位置です。

p_20161202_161306_c

サイズのサイドフローCPUクーラー虎徹は予想以上に高さがあり、ケースのフタに干渉します。なんとか閉まりますが、フタがちょっと膨らみます。

p_20161202_161245_c

3.5インチHDDはケース底にドリルで穴を開けてビス留めしました。そのうちテレビチューナーを挿そうと思っているので邪魔になりそうです。マザボもATXにすればよかったとちょっと後悔。

CPU定格4GHz (GPU内蔵) メモリ2132MHzでベンチマークをやってみました。
CPUはCore i5-750の1.5倍以上、メモリはDDR3-1333MHzの2倍以上の性能が出ています。

ss2016-11-20_13-51-53

ss2016-11-20_14-44-10

ss2016-11-20_14-48-20

ss2016-11-20_15-18-30

ss2016-11-20_13-39-25

ss2016-11-20_14-39-39

ss2016-11-20_15-3-1ss2016-11-20_18-34-49

ss2016-12-2_16-1-25

定格4.0GHz

— GogoBench 3.13a (May 25 2004) —
[DLL] ver. 3.13 ( May. 20 2004 )
[O S] Microsoft Windows XP
[CPU] Intel Pentium Pro/2/3/Celeron * 8 / 4008.7 MHz
GenuineIntel ID : 0/0/6/E/3 SPEC : 0xBFEBFBFF

[速度] 567.95倍速 [設定] Q=5 FPU SSE2 SSE MMX

 

OC 4.4GHz

— GogoBench 3.13a (May 25 2004) —
[DLL] ver. 3.13 ( May. 20 2004 )
[O S] Microsoft Windows Series
[CPU] Intel Pentium Pro/2/3/Celeron * 8 / 4007.8 MHz
GenuineIntel ID : 0/0/6/E/3 SPEC : 0xBFEBFBFF

[速度] 624.90倍速 [設定] Q=5 FPU SSE2 SSE MMX